先進医療も住み慣れた場所で、済衆館病院で行う脂肪幹細胞を用いた再生医療のご案内 先進医療も住み慣れた場所で、済衆館病院で行う脂肪幹細胞を用いた再生医療のご案内

済衆館病院で行う再生医療

先進医療も住み慣れた場所で
済衆館で行う再生医療

当院では2022年8月より、皮下脂肪の中に含まれる『脂肪幹細胞』を用いた手足の血流障害による痛みや皮膚潰瘍に対する再生医療を、『名古屋大学医学部附属病院 循環器内科』と『医療法人再生会そばじまクリニック』の全面的なバックアップ体制のもと行っています。

血流障害を改善することにより、手先・足先の痛みや壊死を防ぐことができるため、すでに多くの患者さまが治療を受けていらっしゃいます。

  1. 済衆館の再生医療
  2. 脂肪幹細胞について
  3. 対象の疾患・症状
  4. 対象の患者さま
済衆館病院で行う脂肪幹細胞を用いた再生医療の特集記事 済衆館病院で行う脂肪幹細胞を用いた再生医療の特集記事

治療の流れ

診察・検査の結果、治療実施が可能と判断された場合の流れです。

基本的に2泊3日の入院により手術を実施します。

  1. 診察・検査
  2. 2泊3日の入院治療
  3. 治療の費用
  4. 幹細胞の冷凍保管費用
  5. 治療のメリットとデメリット
済衆館病院で行う再生医療の流れ

医師紹介・参考文献など

  1. 再生医療の担当医師紹介
  2. 再生医療に関する文献
  3. 再生医療の実績

新着情報

  1. 2024.06.01new
    済衆館病院では、『名古屋大学医学部附属病院 循環器内科』と『医療法人再生会そばじまクリニック』の全面的なバックアップ体制のもと『脂肪幹細胞を用いた再生医療』を行っています。
  2. 2024.06.01new
    再生医療に関するお問合せは、病院代表電話へご連絡ください。
  3. 2023.02.22
    済衆館病院/再生医療サイトを全面公開しました。
  4. 2022.11.07
    マンスリー済衆館だより希望(PDFファイル) で再生医療の特集を掲載しています。
  5. 2022.11.07
    再生医療サイトを一部公開しました。